おまとめローンのメリットとデメリット

総量規制導入後、例外貸付として融資が可能なおまとめローンが注目されています。
今回はそのおまとめローンのメリットとデメリットについて説明したいと思います。

まず一番のメリットは、複数の借入を低金利のおまとめローンに1本化することで、毎月の支払金額を少なくすることができるという点です。完済するまでの総支払金額を計算してみると、おまとめローンを利用した場合の払い込み金額の方が少なくなります。

また、借入が複数になってくると、どれがいつ完済するのか、借金の全体像がはっきり分からなくなってしまい、毎月の返済に追われるだけになっているケースが多いので、おまとめローンに1本化することで、いつ完済できるのか、それまでに月々いくら返済しなければならないかなど、具体的な返済計画がはっきりと見えるようになるというのも大きなメリットです。

また、おまとめローンは返済専用の融資なので、新たに借金が増えることもありません。万が一、入院や事故などの事情で返済が遅れるなどの相談をしたい時でも、1社だけなので前向きに手続きをすすめることができます。

借入件数が増えてくると、それぞれの返済日に支払をしなければならないために、精神的にもストレスがたまりますし、実際に振込みなど面倒な手間もかかってきます。その点、おまとめローンであれば1社だけの支払いなので、支払いの手続きなども随分と楽になります。


次に、おまとめローンのデメリットですが、これはおまとめローン1本にまとめた後で、急な出費等があった場合に追加利用ができないという点です。どうしてもお金が必要だということで、他でキャッシングしたりすると契約違反になる場合もあるので注意しなければなりません。こうした場合、金融会社によっては、分割での返済が認められなくなっ一括で清算しなければならないか、あるいは新たに保証人を付けなければならなくなるケースもあるので気をつけましょう。

また利用時の審査でも、小口のフリーローンと比べて書類が多く、審査に時間がかかり、審査内容によっては保証人が必要となる場合もあるなど、一般のローンと比べて審査が厳しいといった問題もあります。

おまとめローンのメリットとデメリットで言えば、メリットの方が断然多いので、本気で借金を完済することを考えるのであれば、金利の低いおまとめローンで1本化するのが望ましいでしょう。


このページの先頭へ