カードローンは金欠時を乗り切るために利用しています

金欠状態になった時は友達からお金を借りていました。友達関係を維持したかったので返済せずに終わることでは絶対に避けなければならないので、必ず期日までには返済していたのですが、以前どうしても返済予定日に間に合わせることができず、友達の信頼を損なってしまいました。それ以来、友達との関係は良くなく、会う機会も減ってしまったという苦い経験をしているため、どうしてもお金が足りない金欠時はカードローンで乗り切っています。

友達からお金を借りるのは電話や直接会った際に意志を伝えるだけなので、カードローンのように金融機関での手続きは不要です。しかし、返済が遅れてしまった際は信頼関係に影響を及ぼす可能性が高いので、避けるべきだとわかりました。カードローンの場合は人ではなく、企業からの借入になるため、自分の親や兄弟、友達などに影響を及ぼすことはないです。また、自分から伝えない限りカードローンでお金を借りている事実を知られることはありません。

つまり、こっそりと借入することができるので、精神的な負担やプレッシャーはカードローンの方が少なく感じています。ただ、友達から借りる場合と大きく異なる点は金利の有無です。カードローンは金利が高い金融商品なので、限度額を大きくして最大まで借入してしまうと、多くの利息が発生することになるので返済が大変です。しかし、金欠時のみの利用にしているため、これまでの返済で利息の多さで困ったことはありません。

関連記事

このページの先頭へ